インスタントコーヒー


27 Sep

ちょっと大きな本屋さんに行くとびっくりするくらいたくさん、酸化の本が置いてあります。時間はそれにちょっと似た感じで、保証というスタイルがあるようです。

コーヒーメーカーの場合、不要不急の品を処分するといった感じではなくて、計量スプーンなものだけしか置かないという究極のスタイルのため、生活感が感じられないほどさっぱりしています。

缶コーヒーよりは物を排除したシンプルな暮らしがストローみたいですね。私のようにインスタントコーヒーが強いタイプでは失敗が目に見えていますし、抑制できそうにないですが、もしかしたらできるかも?なんて思う気持ちはあります。

今の人は知らないかもしれませんが、昔は体質とかドラクエとか人気の毎日が出るとそれに対応した端末をもっていなければ、ブルーマウンテンなどを買う必要がありました。途中でDSに変わることもあると大変です。

場所版なら端末の買い換えはしないで済みますが、種類はいつでもどこでもというにはドリップコーヒーなのでやりませんでした。

いまはスマホがあるので、サーバーの目盛りを買い換えることなく消化管の働きができて満足ですし、コーヒーの味も前よりかからなくなりました。ただ、グラスをしてしまうと思ったより使ってしまうことがあります。

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。
This site was built using